【感想】バンドリ2期を語りたい 第10話

ども。市ヶ谷です。

 

今回はバンドリ10話の感想になります。冬アニメもあっという間に終盤になってきました。この時期になるとどのアニメも続きが気になってしんどくなります。

 

あらすじ

 

合同文化祭のライブのステージに立つことが叶わなかったPoppin'Party。
複雑な思いを抱えたまま、たえは自分の気持ちに決着をつけるためにも、チュチュに会いに行く。
その時、チュチュから告げれた言葉とは――。

 

 

 

 

 

この先ネタバレ注意です!!

 

 

 

 

 

文化祭のライブステージに立てずに終わった前回ですが、ポピパのメンバーも色々と悩んでいました。ライブに出れなかったのはおたえのせいではないというのがみんながちゃんとわかっていたからこそ、複雑な気持ちになってしまうんでしょうね。

 

おたえは不思議ちゃんなイメージですが、しっかりと迷惑をかけた人たちに謝りに行けるのはいいことですよね。

この前のガルパのイベントのおたえとのギャップがまたなんとも言えない…

f:id:iichigaya:20190308182408j:plain

 

その後おたえはチュチュにRASのサポートギターを辞めさせてもらうように言いに行きます。

チュチュは叱責してましたが、自分が本気でプロデュースするバンドを自分の「修行」のためにやられていたらまぁ怒りますよね。けど実際サポートギターですし、ちょっと自分勝手すぎるように感じる人多かったのかなぁという印象です。チュチュの性格はなんとなくわかってましたし、しょうがないような気がしました。

 

レイヤとおたえの過去を聞いてマスキングが泣いちゃうのはかわいかった。ケーキも焼けるみたいですし、ギャップの鬼ですね。

 

バンドリってロリキャラ最初の印象は見ていると不安になる感じですが、何回か見ると可愛すぎでは??ってなりませんか?

f:id:iichigaya:20190308183426j:plain

 

 

そしてRASのライブを香澄たちが観に行くことになりましたが、ここでパスパレ回でちょっと影が薄かった麻耶がイヴと一緒にライブに来ていました。

麻耶のオタ知識披露がオタク~~~~~って感じで最高でした。好きなものを語る時ってあんな饒舌になっちゃいますよね。

某戦車アニメの秋山殿を思い出しました。というかまんまだった

 

一緒に来たイヴの『イケニエです!』も使い方間違っているし、笑顔で言うセリフじゃないしで最高です。

 

わかっていましたがレイヤとマスキングが高1ってすごい違和感ありますよね… 中の人の影響が強すぎる。

 

そしてパレオはパスパレの握手会に毎回髪の色を変えて参加しているという猛者でした。毎回髪色が変わるファンはそりゃ覚えますよね…インパクトすごそう…

 

そして『R・I・O・T』が披露されましたけどやっぱりかっこいい… 香澄たちが圧倒されるのも納得できます。

 

そしてライブ終わりのレイヤとおたえの姿を見た香澄たちですが、沙綾の表情がもう見ていて辛くなります…

f:id:iichigaya:20190308191552j:plain

 

ラストにチュチュによるおたえ引き抜き交渉で今回は終わり… これ最終回までおたえをめぐって物語が進みそうですね。ここまでくると六花がどうRASに加入するのかが全くわからなくなってきました。もしかして2期終わっても加入しない方向でいくのか…?

 

そしてチュチュのスカウトを受けポピパがどうなっていくのか楽しみですね。チュチュのヒール役な感じ自分はめちゃくちゃ好きなんですが、世間的にはチュチュ嫌な奴だなぁとか思われてそうですよね。自分で蹴ったゴミ箱しっかり直してましたし、根はいい子なんですよ…多分

 

あとRoseliaのOPとEDは今のストーリーとかみ合ってていいですね。使い分けが上手だなと思います。

 

来週11話『ホシノナミダ』。もう11話かぁとなりますね…

 

 

R・I・O・T[Blu-ray付生産限定盤](メーカー特典なし)

R・I・O・T[Blu-ray付生産限定盤](メーカー特典なし)

 

 

 

BRAVE JEWEL[Blu-ray付生産限定盤]

BRAVE JEWEL[Blu-ray付生産限定盤]